住宅ローンの借り換えと金利の情報特集-objecdefy

- ローンの金利次第で借り換えるメリットがある

ローンの金利次第で借り換えるメリットがある

住宅ローンを借りている人すべての人が、借り換えをすることでメリットがあるかと言うとそうではありません。
自分は住宅ローンの借り換えをした方がいいのかどうか、条件をしっかりと確認をしておきましょう。

審査の簡単な住宅ローン比較を検討する場合、今の住宅ローンの残高や返済期間、ローン金利が焦点になります。
住宅ローン【http://住宅ローンのシミュレーション.jp/】の残高が1000万円以上で期間が10年以上あることが、まず最初の条件になります。
この条件に当てはまっている場合、金融機関の金利を確認してみましょう。
現在の住宅ローンの金利と比べて1%以上差があれば、借り換えのメリットがある条件に当てはまります。
この条件に当てはまっていない場合はどうなのでしょうか。
金利の差が0.5%だったとしても、残高や残りの返済期間を考え総返済額を計算すると、借り換えで返済額を減らせるかもしれません。
返済期間が10年以下の場合、金利の差が大きければ返済額を減らせるかもしれません。

返済額がほとんど変わらないなら、借り換えしても意味がないなと思うかもしれませんが、実はこれらの条件以外にも注目すべき条件があります。
それは、繰り上げ返済に関する条件です。
繰り上げ返済をする場合、金融機関によって手数料がかかるところとかからないところ。
かかるとしても、金額はバラバラです。
また、繰り上げ返済できる金額も1円からできるところもあれば、1万円からというところなどまちまちです。
手軽にどんどん繰り上げ返済ができれば、当然返済額も減ります。
このような点についても気をつけながら、住宅ローンの借り換えを考えてみてください。

更新情報

ページ上に戻る